作業をスムーズにするために、適しているソフトを活用しよう

知って得しよう

知って得する、IPフォンの利用方法と、メリット

IPフォン(IP電話)は、インターネット回線を使った電話のことです。自宅などの固定電話として利用できるほか、スマートフォンでも利用することができます。 IPフォンを固定電話として利用する場合は、プロバイダへの申し込みと、光回線かADSLの契約が必要になります。そしてスマートフォンで利用する場合は、IPフォン用のアプリが必要です。 IPフォンの一番のメリットは、一般加入電話より通話料が安いことです。とくに国際電話が安く、米国へ電話する場合の料金を比較すると、一般加入電話が3分100〜160円なのに対し、IPフォンの場合だと1分2.5円しか掛かりません。さらにIPフォン同士の電話なら、通話料が無料で利用できます。

IPフォンを使ってこれだけ得できます

IPフォンのメリットはインターネット回線を使用して通信するので、国内外の遠距離で通信する場合であってもまったく距離に関係なく低料金で会話できるということです。 そのため、もしビジネスを行う上で、様々な距離の会社に電話をテレマーケティングなどをするのであれば、IPフォンを導入しておいた方がコスト的に電話回線を利用するよりも圧倒的に低く済むということになります。 IPフォンは導入するのが非常に簡単だし、追加で回線を増やす場合もこれといって難しい手続きをすることなく環境を構築できます。 企業においては、情報技術部門だけがIPフォンの管理を行えばよいのであって、総務部は管理しなくてよいので管理コストも削減できます。